鈴木寛(すずき ひろし かん)

最新情報

6/13(木)すずスタ!コラボトークwith平田オリザ

2013.06.13更新

21時からの「すずスタ!コラボトーク」、今回は劇作家の平田オリザさんをゲストにお迎えします。テーマは「文楽はいらない!?無縁社会に演劇ができること」

 

大阪市の橋下市長と文楽協会の補助金削減を巡る騒動は、私たちが日ごろ見落としがちだった伝統文化の意義を考える機会となりました。

なぜ「助成金」で文化を守る必要があるのか――平田さんは芸術を核にした街づくりに熱心に取り組まれています。その思想の背景とは何なのでしょうか?想田和弘さんの映画「演劇2」でも創作のために必要な助成金獲得のため、平田さんと青年団が腐心する様が描かれましたが、今回の対談では、文化の果たす社会的な役割について考えます。

 

ニコ生のアドレスはこちら⇒ http://live.nicovideo.jp/watch/lv139347259

※リアルでのイベントはございません。中継のみのお知らせですのでご来場は会場の都合上、ご遠慮ください。

 

平田オリザさんプロフィール

1962年東京生まれ。劇作家、演出家。

こまばアゴラ劇場芸術監督、劇団「青年団」主宰。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授、東京藝術大学・社会連携センター客員教授、四国学院大学客員教授・学長特別補佐。
1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。2002年『芸術立国論』(集英社新書)で、AICT演劇評論家賞受賞。2003年『その河をこえて、五月』(2002年日韓国民交流記念事業)で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。2006年モンブラン国際文化賞受賞。2011年フランス国文化省よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエ受勲。
その戯曲はフランスを中心に世界各国語に翻訳・出版されている。
2002年度以降中学校の国語教科書で、2011年以降は小学校の国語教科書にも平田のワークショップの方法論に基づいた教材が採用され、多くの子どもたちが教室で演劇を創作する体験を行っている。
2009年鳩山内閣にて内閣官房参与に就任し、所信表明演説の執筆などに関わる(2011年9月退任)。

 

▲pagetop

  • アクティブラーニング
  • ソーシャルプロデューサーズスクール
  • 社会創発塾
  • すずかんFacebook