鈴木寛(すずき ひろし かん)

震災復興

東日本大震災子どもの学び支援ポータルサイト

2012.02.18更新

 2011年9月に文部科学副大臣を退任するまで、私は東日本大震災への文部科学省として対応策を指揮して参りました。従来型の予算を用いた対策に加えて、人々の助け合いや連携を促進するための新しい公共型の様々な対策を実施しました。

 新しい公共型対策の代表例として、「東日本大震災子どもの学び支援ポータルサイト」の開設があります。このサイトは、被災地域で現在どのような支援を必要としているかを、各地方公共団体や教育委員会等を通じて掲載するとともに、支援をご検討いただいている地方公共団体、教育委員会、学校、企業、NPO等がどのような支援が提供可能かをご登録いただくことにより、被災地域での支援が円滑に行われていくことを目指して作成したものです。両者の支援のマッチングにより、部活の再開に必要な用具や場所等の確保が可能になるなどという、従来の行政支援では到底手の届かなかった細かな支援が実現しております。平成24年2月1日時点で、累計ページビューが113万6016ページ、マッチング件数は2105件に上っています。

▲pagetop

  • ソーシャルプロデューサーズスクール
  • 社会創発塾
  • すずかんFacebook