鈴木寛(すずき ひろし かん)

熟議データベース

ここでは、熟議に利用できるデータベースをまとめております

公共事業投資各国の一般政府固定資産形成(※)を対GDP比で比較すると、日本はOECD諸国中第3位にあります。政府支出に占める公共事業等の割合が高いことが示されます。
生産資本・人的資本・自然資本の増減1990年から2008年の期間における、一人当たりの生産資本(工場等)・人的資本(教育に対する投資等)、自然資本(森林等)の増減率を比較すると、いずれの要素も伸びているのは、調査対象の20カ国中日本のみとなっています。(最もバランスのとれた成長を達成していると言えます)
GDP成長率日本のGDP成長率は188ヵ国中120位です。ただし上位には発展途上国が多く、日本はOECD加盟34国中13位、GDP上位30ヵ国中では15位の成長率となっています。
人口推移・見通し今後アジア・北アメリカ・アフリカの人口は急増し、ヨーロッパ・日本の人口は漸減していくと推測されています。
都道府県の税収比較地方税収は、企業立地や人口の多い都市圏に集中しています。
世界都市ランキング日本は東京、大阪、福岡の3都市がランクインしており、5都市がランクインしているアメリカに次ぐ2番目の数です。また、全ての指標が6位以内にランクインしている都市は東京のみであり、バランスの良い発展を遂げていると言えます。
幸福度ランキングOECDが公表している、各国の暮らしの豊かさや幸福度を示す指標(雇用や教育、健康、環境などの質を総合評価)によると、日本はOECD加盟国34か国中21位となっています。
幸福度ランキングとGDP成長率との相関世界価値観調査(世界各国で実施される価値観に関するアンケート)によると、日本の回答者は約90%が「自分は幸福である」と回答しており、57カ国の中で中位にあたります。また、GDP成長率と幸福度は正の相関関係には無く、ひとびとが幸福を感じるかどうかについては、経済力だけではない様々な要素で決定していることが伺えます。
高速道路総延長東京の高速自動車国道の総延長は、奈良・山口に次ぎ国内で三番目に短いものになっています。
通勤時間15歳以上の通勤・通学時間を都道府県別に比較すると、東京・千葉・神奈川・埼玉といった関東大都市圏が突出して高い傾向にあります。
電車混雑率東京・名古屋・大阪の主要鉄道の混雑率を比較すると、東京が明らかに高い傾向にあります。
初婚年齢平成5年から平成24年にかけて、夫は2.4歳、妻は3.1歳、平均初婚年齢が上昇しています。

▲pagetop

  • アクティブラーニング
  • ソーシャルプロデューサーズスクール
  • 社会創発塾
  • すずかんFacebook